アダルト動画 DUGA デュガ

淫熟人妻実話 Tsukasa

熟女 すっごくエッチな管理人 トラックバック:0

結婚5年目の巨乳妻。可愛い顔したつかさが、面接に訪れる。人妻には見えないような若さだ。時折見せるハニかむような笑顔が和ませる。まだ乳離れしていない子供が、1人いると言う。夫との夫婦生活は週に2回ほどで、満足している。今回は、夫に内緒の借金を返済するためにAV出演を決意したと言う。身体を見ると、98cmのFカップの巨乳がこぼれてきた。握ると母乳が滴り落ちる。小さな声と仕草に、M性を感じる。下着を捲ると大きな生尻が出てきた。乳首を弄りながら肉壷に指を這わせると、既に濡れている。何も読ませないまま、奴隷契約書にサインをさせる。乳房、尻を自由にしながら、口に肉棒を咥えさせる。リモコンローターを装着し、ビルを連れまわしホテルに向かう。手首を拘束し目隠しを付け、毛バイブで身体をなぞる。異様な雰囲気の中で、つかさの喘ぎ声がこぼれてくる。膨らんだクリ豆をバイブで集中的に虐めると失禁し、母乳が乳首から噴出してくる。電マで股間を責めると、潮を吹く。可愛い顔で「入れて!」とせがみ、「もっとイジメて!!」と願うつかさ。尻にスパンキングを入れながら、硬く膨張した肉棒を深く差し込む。激しく悶え喘ぐつかさに、夫では味わえない責めを加える。時折、切ない目付きで見つめるつかさに、更なるM性を感じる。母乳がこぼれる大きな乳房を揉みしだき、尻から激しく責めたて、顔に向けて大量の精液を飛ばした。ぐったりと満ち足りた表情で横たわるつかさの乳房を揉みながら、「夫のプレイより良かったか?」と尋ねると、つかさは小さく頷いた。

もっと見る
スポンサーサイト
[PR]

淫熟人妻実話 Maiko

熟女 すっごくエッチな管理人 トラックバック:0

専業主婦。結婚7年目。夫に調教され、真性M女に目覚める。夫婦関係も、以前からだいぶ減ってきて、月に1回程度で15分ほどで終わる。週2回の自慰で自らを慰める、まいこ。体型チェックで、横を向きながら恥ずかしそうにを見せる。小ぶりな乳房に、硬く立っている乳首を弄ると、感じることを我慢している。下着を下ろすと、大きな生尻と肉付きよい太股に肉棒が反応する。尻の穴を見ると、綺麗に毛が剃ってある。夫に剃られていると言う。見られているだけで息遣いが荒くなるまいこに、M女の片鱗を感じる。性感を試しているうちに、夫のSM趣味を話し出し、まいこも嫌ではなく「もっと虐めて欲しいと…」。夫に尻穴を掘られ、ビル陰で露出しながら、弄られることを喜びにしているまいこの尻をスパンキングすると、目が潤み肉壷も汁を垂らす。膨張した肉棒を握りながら、ジッと見つめるまいこ。口の奥まで飲み込み、舌を這わせる。指で肉壷をかき回し、グチャグチャと音をたて、擦れた声で喘ぐ。ホテルへの移動中、リモコンローターに人目も構わず声を上げ、悶えるまいこ。極太バイブも調教済みの肉壷にすんなり入り、大きな喘ぎでビクビク痙攣する。激しくスパンキングしながら肉棒を突き立てると、イってしまう。「先にイって済みません」と謝り、「有難うございます」と、感謝するまいこ。淫汁がどろどろと落ちてくる、肉壷と膨れ上がったクリを虐めながら、大量に精液をかける。一滴残さず吸い取るまいこに、底知れない肉欲を感じた。

もっと見る

淫熟人妻実話 Asuka

熟女 すっごくエッチな管理人 トラックバック:0

結婚5年目。カードでの買い物にハマり、多額の返済に苦しみ、面接に訪れる。面接に現れた人妻あすか。やけに派手な格好で、30歳には見えない。ローンの返済に困り、「金を稼ぎたい」と言う。夫が理想のタイプと言うが、誠実で嘘を吐かず女房に尽くしてくれる、あすかにとっては都合のよい夫である。夫婦関係は月に1回有るか無いかで、ノーマルでワンパターンのセックスだけ。あすかは、平気な顔で「つまらない」と口にする。昼ドラを見ながら、週3回の自慰で欲求を解消している。面接用紙に書き込むプレイ内容にNGが多く、一方的にNGを外す。それでも笑顔を見せながら文句を並べ、まるで他人事のような余裕ある態度である。学生時代の教授とのセクハラに感じてしまう、あすかの淫乱さが見え隠れする。身体を見ると、張りのある乳房と硬くなった乳首が、派手な下着から出てくる。教授のセクハラ話で、既に汁が溢れている。巨尻を弄り乳首を抓るだけで、喘いでしまうあすか。他人に奉仕することの無いあすかを、たっぷりと虐める。何をしても「気持ちいい」と呟くあすかをホテルに連れ込み、膨らんだ肉豆をローターで責め、肉壷をバイブで掻き回す。喜ぶあすかをなじりながら、尻にスパンキングを入れ、徹底的に奉仕させる。膨張した肉棒を喉奥まで突っ込み、尻穴も舐めさせる。騎乗位で自ら挿入させ、「腰を振れ」と強要するが、動かぬあすかを罵倒しながら乳房にスパンキングする。過去に経験したことの無い仕打ちに、泣きじゃくるあすか。容赦ない責めに、逃げるあすかに肉棒を差し込む。尻にスパンキングしながら、肉壷の奥まで突きながら大量に精液を浴びせる。最後まで泣き止まないあすかに、肉棒を口で掃除させる。金のために自尊心を壊されたあすかに、哀れを感じることはない。

もっと見る

淫熟人妻実話 Ami、Erina、Miyuki、Eriko、Yumi、Hikaru、Natsumi

熟女 すっごくエッチな管理人 トラックバック:0

結婚3年目。学生時代の性的虐めにより、極度の男性不信に陥る。面接に訪れた素人妻、あみ。中・高校時代に性的な虐めに合い、男性不信に陥り誰とも付き合うことなく成人を迎えたと語り始める。20才の頃、看護助手として勤めていた病院の院長のセクハラに悩むが、職歴を積むためと我慢していた。診察台の上でクスコを入れられバイブで虐められる、診察中にリモコンローターを装着され遊ばれる。耐えることによって興奮する自分に気づいた時には、院長によって処女を失っていた。その後、見合いで結婚した夫との行為が疎遠になり、病院時代の院長との関係を妄想しながら自慰に耽っていると言う。自慰による快感では満足できず、今回面接に応募してきた。病院時代を連想させるような虐めに興奮するあみ。乳房を揉み、乳首を抓る。むっちりとした身体を捩るように、喘ぎ始める。白くたっぷりと肉付いている巨尻を晒し、既に膨らんでいる肉豆を指で擦りあげる。たまらず声を上げ、「中に入れて」と懇願するみな。指で肉壷を掻き回すと、激しく喘ぎながら指を締め付けてくる。すぐさま反応するみなに、院長のようにリモコンローターを装着しホテルに連れ込む。淫汁を垂れ流しているみなを拘束し、目隠しをしながらバイブし、焦らすように虐める。グチュグチュと音をたてる肉壷を掻き回すと、潮を吹きながら悶えるみな。しきりに「入れて!」と願うみなに、膨張した肉棒を咥えさせる。普段から奉仕する事が無いみなの下手なフェラを責め、喉の奥まで飲み込ませる。硬く膨れ上がった肉棒を、みなの滴る肉壷に差し込む。混乱したように喘ぎまくるみな。「後ろから責めて」と強請るみなの尻を鷲づかみし、スパンキングをしながらたっぷりと精液をぶちまげた。「きれいに掃除しろ」と命じると、吸い取るように口を使い、余韻を楽しんでいた。

もっと見る